圧をかけトレーニング

腹筋をしている

短期間で効果のあると注目されている加圧トレーニングは、その背景として日本の古来から伝わる文化の副産物によって作られた歴史があります。その古来から伝わる文化というのが寺や神社で祈りをささげる際の姿勢である正座であり、この加圧トレーニングの創始者が正座を組んだ後の足の痺れの状態が長時間のトレーニングをした後の痙攣に似ていることから筋肉を圧迫することで血流を悪くすれば人工的にハードなトレーニングをした状態を作り出せると考えられたのがきっかけとなったのです。それから現在のように仕組みが出来上がるまでの期間として50年を要したのですが、その期間かかった理由としてはだれも行ったことのないトレーニングのため生じるリスクを軽減して安全に行える仕組みを整えるのに使ったためです。それによって構築したノウハウは、現在ではどのレベルの圧力を数分かければ短時間でもハードトレーニングと同じ効果を得られる仕組みが整ったことで安全に行えるようになっています。

これまでの加圧トレーニングの需要は露出が増えることによる男性の体の見た目の向上や、それ以外ではスポーツを行う際の試合のピークを最高の状態に合わせるための調整法として利用されることが多かったのです。しかし近年の動向としては筋肉の健康の重要性が再認識されることで、この筋肉による基礎代謝の促進による脂肪の溜まりにくい体と40代以上の年齢層で多くなっている筋肉の衰えによって引き起こされる重大な毛が要因となるロコモティブシンドロームの予防に役に立つと行う人が増えています。さらにこれまでの加圧トレーニングは専用の機器が必要であったためジムで行う方法しかなかったのですが、現在では家庭用に圧力をかけられるベルトが開発されたことで手軽にできるようになったことから加圧トレーニングを行う人口は増加すると予測します。